「花王ニャンとも清潔トイレ」の口コミ・評判

うちの猫のトイレには、「花王ニャンとも清潔トイレ」を使っています。

これはシステムトイレになっていて、上が猫砂を入れるトレイ、 下が尿を吸い取る専用マットを入れるトレイになっています。

この猫砂は「花王ニャンとも清潔トイレ」専用のチップを使うようになっていて、トイレに付属するスコップで糞を取り出すような仕組みになっています。

このチップはふやけて膨らんで吸水力がなくなるまで約1ヶ月ほど使うことができ、燃えるゴミに出せるので手軽で便利です。

糞尿をする位置がだいたい決まっている猫なら、その部分を中心にだんだんと入れ替えていってもいいし、1ヶ月ほど経ったところでまとめて1袋取り替えてしまってもかまいません。

うちではまとめて入れ替えをしています。

「花王ニャンとも清潔トイレ」のチップは袋もそれほど大きくなく、重さもそれほどでもないので、買う時にも便利です。

尿を吸い取る「花王ニャンとも清潔トイレ」の専用マットは1度に2枚を入れるようになっています。

これも付属のスコップを使えば、手を汚さずにらくらく入れ替えができます。

シーツタイプのものなどに比べると取り扱いが簡単ですし、かなり吸水力もあります。

専用マットは1週間で取り替えることになりますが、うちの猫は尿をする場所が決まっているので、1枚を入れ替えれば済み、経済的です。

東日本大震災の時には、この専用マットが一時的に製造困難になって品切れが続きました。

うちだけでなく、「花王ニャンとも清潔トイレ」を使っている多くの愛猫家も困ったことでしょう。今はもうそんなこともありませんので安心です。

ニャンとも清潔トイレの最安値はこちら - 楽天

ニャンとも清潔トイレを使ってみて

我が家では、2匹の猫を室内飼いしています。

以前のトイレは、紙でできたねこ砂が、オシッコで固まり、 その固まったところを捨てる、と言うものでした。

ニャンとも清潔トイレを使い出したきっかけは、好きで良く見ていた猫のホームページの飼い主さんが使い出したことです。

そのホームページで、ニャンとも清潔トイレの良さをかたっておられて、「使って見よう」となりました。

ホームセンターで購入したのですが、最初に買う人のために、ニャンとも清潔トイレのセット(トイレ、チップ、マットが一緒になった物)が あったのでそれを購入しました。

しかも、はがきがついていて、簡単なアンケートを書いて送れば、1000円キャッシュバックしてくれると言う嬉しいおまけまで・・・

猫も、意外とトイレを切り替えることに抵抗なくて助かりました。最初は、メーカーさん推奨通りにニャンとも清潔トイレを使っていたのですが、2匹いることもあり・・・ マットが「1週間取替えなしでも匂わない」という売りでしたが、2匹なので3日で交換、そうこうしてたら結構買わないといけない、と。

「もっと安く済む方法はないか」と考えた結果、マットは使わず、引き出すところに新聞紙+犬用のトイレシートをひく方法を試したところ、これがばっちり。

シートなら100枚1000円くらいで購入できるし、毎朝交換するので匂いもきになりません。

ちょうど、トレーとほぼ同じサイズのシートが普通に手に入るのも嬉しい点でした。

チップは大きめのものを使っています。

小さいものは飛び散るような気がして・・・ あのチップも、よっぽどのことがない限り交換せず、減ったら足すだけでいいので経済的です。

うちでは、これからもずっとニャンとも清潔トイレを使っていこうと思っています。

他の猫用品の口コミはこちら

ニャンとも清潔トイレ・応用編

猫の飼い主さんにとっては、もはやお馴染みのシステムトイレですが、各社から数多くの種類のトイレが出ていて選択に迷う場合があるかもしれません。

個人的におすすめなのは、やはり元祖『ニャンとも清潔トイレ』でしょうか。

尿で固まらないタイプのウッドチップの下に抗菌マットを敷き、ここで尿を吸収します。

チップもマットも木材から出来ていて消臭成分が配合されているため、 排泄物の臭いがほとんどしないのがいいですね。

この『ニャンとも清潔トイレ』は、付属品のウッドチップ&マットを別の物に替えても利用できます。

たとえば、尿を吸収しておがくず状にするタイプのウッドチップ+紙のペットシートなど。

付属消耗品のコストが気になる人や、よりキレイ好きの猫ちゃんには嬉しい応用編です。

それから『ニャンとも清潔トイレ』には、通常のオープンタイプと全体を囲うドームタイプの二種類の型がありますが(いずれも成猫用)、 最近は『ニャンとも清潔トイレ・子猫用』というのも出ています。

こちらはオープンタイプ型で、マットを替えるための引き出しがなく、上蓋を取り外さなければならない一手間があるものの、成猫用よりもはるかにコンパクトなサイズなので、部屋に置いてもまったく邪魔になりません。

3.5キロ程度の大きさまでの猫なら大丈夫だそうなので、わが家の猫も今はこちらを使っています。

もちろん、応用編の使い方もできます。

以前、他社のシステムトイレを試してみたこともありますが、使い勝手やデザインの面からいっても、やっぱり『ニャンとも清潔トイレ』が一番かなと思っています。

ニャンとも清潔トイレの最安値はこちら - 楽天

他の猫用品の口コミはこちら

「ニャンとも清潔トイレ」にはトイレシートを敷くべき

ペットを飼っている人なら誰もが気にするのが、トイレの問題です。

特に我が家では猫を飼っていて、猫用トイレが部屋の中にあるので人一倍、品質や消臭効果といったものに気をつけています。

我が家の猫が使っているトイレは、花王が販売している「ニャンとも清潔トイレ」です。

最大の特徴はトイレの下の段が引き出しになっていて、猫がしたおしっこを下の引き出しから処理できるという点にあります。

他のメーカーの商品も試してみましたが、トイレがプラスチックケースのように一段になっているものは、猫砂を敷いても猫がおしっこをする度に、固まった猫砂をシャベルで掘って捨てなければならなくて、とても不便を感じていました。

この「ニャンとも清潔トイレ」ではトイレの構造が2段式になっているので、猫がしたおしっこは絶えず下の段の吸収マットに流れる仕組みになっています。

それ故、処理するときも下の段の引き出しを引いてマットごと捨てられます。

手を汚すことなく簡単にトイレ掃除ができるのです。

しかし、この「ニャンとも清潔トイレ」の唯一の難点はそのマットの値段が高いことです。6枚入りで700円近くします。

それらのマットが何ヶ月も、もてばいいが実際は1ヶ月くらいしかもたないです。

毎月のこととなるとかなり高コストとなってきます。

そこでお勧めしたいのが、下の段にペット用のトイレシートを敷くことです。

これは「ニャンとも清潔トイレ」のシリーズにはないもので、一般のトイレシートということになりますが、シートなら100枚入りで1000円くらいから買えるので、毎日交換しても3ヶ月以上もつことになります。

捨てるときもマットのように重くなく楽に捨てられます。

このように「ニャンとも清潔トイレ」は経済的でもあるし、また手軽にトイレ掃除ができるというメリットがあります。

トイレシート一覧はこちら - 楽天

他の猫用品の口コミはこちら