ペットと遊んでるときに気になるのがペットの口臭です。

ペットによって口臭に違いがあるのは、個性だと思っていませんか?

口臭がするのはそれなりの意味があります。

どうして口臭がするのかを知って対策を立てることが重要になってきます。

最も口臭の要因として考えられるのが、歯周病です。

これは人間の場合と全く同じで、プラークや歯肉炎が悪化していき歯周炎の状態になります。

歯周炎になると、歯と歯茎の間が溶けていき歯が浮き上がったような状態になります。

その部分に歯周ポケットと言われる空洞ができ、 そこに食べカスがたまり細菌が繁殖してイオウ化合物が生産されます。

これが口臭の原因となります。

ペットの口臭を改善するためには、歯周炎を改善する必要があるのです。

その口臭対策として基本となるのが歯磨きです。これは人間の場合と全く同じです。

餌を食べた後に、食べ物のカスが残ってることが原因なので、 この食べ物のカスを徹底的に取り除くことです。

各ペット専用の歯ブラシ、歯磨きが販売されていますので、 一日に複数回(できれば毎食後)歯磨きをするようにします。

そして、おやつに歯磨きガムを与えることも若干ながら効果はあります。

オーラルケア(口腔を掃除する)専用のペットフードも販売されていますので、 通常の食事を終えた後にオーラルケア専用フードを若干与え、 歯垢や歯石がたまりにくい習慣にしていく事も大事です。

また、人間が食事をしているときにペットが寄ってくると人間の食事を与えてしまいますが、 これは歯周病を悪化させ口臭の原因となるので与えないようにします。

ペットの口臭には必ず原因があり、原因を取り除くことにより口臭は改善されます。

もし歯石(歯垢が長期間たまり石のようになってしまった状態)が溜まっているのであれば、 動物病院で歯石を取ってもらうこともできます。

他の犬用品の口コミはこちら

ペットの口臭の防止について

ペットの口臭の防止について書きたいと思います。

私が買っているペットは犬のアンコという名前なのですが、これが年々口臭が酷くなっていて、 じゃれてきている時も結構口臭が酷いようになって来ました。

もしかして、虫歯かなと思いペットショップに相談にいったのですが、 犬は年齢を重ねると口臭が酷くなるそうなうです。

ですからペットの口臭予防の餌や、ペットの口臭予防のスプレーなどを買ってきましたが、 あまり効果がありませんでした。

やはり、人間もそうですが、ペットも医者に連れていったほうがいいかなと思い、 獣医につれていきました。

すると何か臓器から来る口臭だそうで、改善策は歯磨きの骨を食べさすのと、 ドライタイプの餌ではなく、ウェッドタイプの餌にすると少しは口臭が改善されるといわれました。

そこで私はペットショップへ行き、ウェッドタイプの餌を購入して与えています。

最初は効果があまりなかったのですが、徐々にではありますが、 口臭が改善されていた気がします。

多分なのですが、骨の歯磨きの方が聞いたのではなく、 ウェットタイプのペットフードの方が効果が合ったと思います。

ウェットタイプの餌はやはり、ドライタイプの餌と比べて割高になるのですが、 かわいい愛犬のためですから少しぐらいの出費は我慢しています。

やはりペットの口臭が気になるという方がいらっしゃいましたら、 獣医さんへ連れて行くことをお勧めしたいと思います。

餅は餅屋というように、我々はもちろんの事、ペットショップの店員さんでさえ、 口臭などについては素人ですのでそういうことは、 きちんと獣医さんへつれて行かないと改善されないと思います。

また、口臭は何かの病気のシグナルかも分かりませんのでもし病気が見つかったら幸運ですので、 一度獣医さんへ行く事をお勧めしたいと思います。

他の犬用品の口コミはこちら