我が家では車の後部座席にはペット用のキャリーケースを積んでいます。

ペットを車に乗せる時に利用するためです。

やはりどこにでも一緒に連れて行きたいですからね。

車に限らず移動する時にキャリーケースを使うことは様々なメリットがあります。

まず体が安定しますので、車酔いの心配がなくなります。

万が一の事故があったときでもペットの体を守ってくれます。

それに車だけでなく、電車やバスに乗せる時でもキャリーケースに入れることは義務付けられています。

動物病院に連れていく時でも、待合室で他のペットとのトラブルを回避できます。

狭い場所に閉じ込めてかわいそうとおっしゃる方も見かけますが、 犬は元々狭い場所の方が落ち着くのです。

その落ち着く場所を与えてあげることの方が飼い主としての愛情ではないでしょうか?

そのため我が家では、仔犬を迎えてすぐにハウスを教えるついでにキャリーケースに慣らしていきました。

教え方はハウスを教えるのと同じ方法ですが、 小さくちぎったおやつをキャリーケースに入れて、 自分から中に入るように仕向けて少しずつ慣らしていきました。

入ったからといってもすぐに扉を閉めないことがコツです。

自分で出たり入ったりして遊びだしたら次の段階です。

「ハウス」とコマンドをかけて言葉を教えます。

仔犬のうちなら覚えも早いので、すぐに覚えます。

ところが大きさが決まってからキャリーケースを買えば良いと考える方も多いと思いますが、やはり仔犬の時期に体の大きさに合った物を一つ買って、それが小さくなったらまた次を買うのが望ましいと思います。

確かに仔犬はすぐに大きくなりますが、仔犬の馴致の時期は限られています。

できるだけ早くから慣らしておけばその後の生活がスムーズになります。

私の場合は、ご近所でリサイクルという方法を取りました。

自分の犬の大きさが合わなくなったら、ご近所で仔犬を迎えた人に使ってもらうのです。

そうすれば無駄はありません。そうやって賢く使う工夫はいくらでもできます。

おしゃれなバックタイプの物もたくさんありますが、 安全面を考えるとキャリーケースに軍配が上がります。

キャリーケースを利用することで移動の範囲がぐんと広がります。 ぜひ利用してほしいと思います。

他の犬用品の口コミはこちら