イヌと一緒にお出かけしたいとなると、必然的に移動手段が問題となります。

家族だけで車で移動する~となっても、目的地に着いた途端、さぁどうする…みたいな。

子どものように抱っこで移動したとしても、入れる場所が限られます。

最近の日本は随分とイヌに優しくなった!と言っても、 やっぱり観光名所ではNGが多いのが現実です。

一休みしようと思っても入れるお店選びに悪戦苦闘します。

あぁ、我が家の大事なおイヌ様が、なんとも惨めな扱いを受けること。

外出先で「イヌなんだ」と痛感させられることが何より辛いです。

最近はカートに入れているならOKな場所も少しずつ増え、 赤ちゃんをベビーカーに乗せて連れ歩くのと同じ感覚で、イヌをカートに乗せて外出する家族が増えています。

夏場は特に暑いアスファルトを歩かせるわけにはいかないので、移動となると「何かに乗せる、入れる」が当たり前。

小型犬2頭飼いの我が家も早速カートを購入しました。

選びに選んで選択したのがシャンアンジェの「天使のカート」。

この天使のカート、HPサイトを見るだけでセレブ感をムンムンにかもし出してます。

そもそもイヌを乗せて、それを人間が押して歩くこと自体がおイヌ様状態なのに、このカートは更に快適さ、安全さ、おまけにオシャレさまでを追求した商品なのです。

名前に天使と付けた理由が乗っているイヌを見るとなんとなく分かる気がします。

しかしこのカートはどこの? あ、天使のカートだよ。

イヌ友とこのやり取りをする度、 まだ死んでないから!と心で叫んでしまうのは私だけじゃないはず。

ところで天使のカートはデザインだけでなくサイズバリエーションも豊富で、 我が家は2頭乗せるということと、荷物も乗せたいし…なことから 「大は小をかねる」ビンボー的発想で一番大きいLサイズを購入。

箱が届いてビックリ!!で、でかい。

そしてペッタンコに畳めると勝手に思っていたフレーム部分が思ったより邪魔なサイズ感です。

どうやら重さに耐えられるようタイヤを大きくした結果、 Lはペッタンコに畳めないらしい…私の確認ミスでした。で、でかい。

ま、車には乗るサイズだしこれを持って電車移動するつもりはないし、それほど軽量化小スペースを望んでいたわけではなし、と無理やり納得しました。

我が家の玄関先にドカーンとスペースをとられてしまったのであります。

実際の使用感は、組み立ても楽チン。

大きなタイヤのおかげで移動もスムーズ。

2匹がそれぞれ箱乗りしても安定感はバツグン。

ペッタンコ以外は問題無し。とても快適で大満足でした。タイヤが外れるまでは。

天使のカート。 大事なおイヌさまが本当の天使にならないように、タイヤのメンテナンスが持ち主自身でできる様改良されたらいいなぁ。

お高い買い物なので、タイヤが外れました。

思い返せばセレブなカートとして売り出しているから、直すより買い替えるが正しい発想なのかしら。

セレブになりたかったのになりきれなかった我が家でした。

やっぱり直したいのよ。

他の犬用品の口コミはこちら