私の実家では私たち姉妹が独立してから「チワワ」を飼い始めました。

父はペットを買うことには最初は反対していましたが、今ではすっかりチワワのとりこ。

まだ私たちが結婚しておらず、孫の代わりのように、毎日いちゃいちゃしています。

そんな夫婦二人の最近の楽しみはペットウェアを買うこと。

雨の日の散歩用のレインウェアに始まり、今ではインターネットでペットウェアを検索し、 購入するほどのこりようなんです。

先日実家に帰ってみると、私たちが使っていた部屋はもうチワワちゃんの部屋になってしまっていました。

クローゼットには大量のペットウェアが丁寧にハンガーに掛けられています。

散歩用の防寒着、トレーナー、Tシャツ、帽子、マフラー。

ちなみにうちのチワワは女の子のようで、可愛いピンクのワンピースまで。

最近のペットウェアはまるで子ども服以上の可愛さなんです。

少々あきれている私に、「可愛いでしょ」とひとつひとつ説明が始まりました。

そこで私もインターネットで「ペットウェア」で検索してみると、出るわ出るわ。

しかもお値段もピンキリですが、高い物なら一万円以上も!びっくりです。

でも見ているとなんだか私まで彼女のためになにか買ってあげたいと思うように。

彼女のために選んだのは「イヤーウォーマー」。

耳から首まですっぽり覆ってしまうタイプのもの。

これが本当に可愛いんです!

筒状のものなんですが、ワンポイントにお花が毛糸で縫ってあって。

ピンクと焦げ茶の色合いがたまりません。

甘く見ていた「ペットウェア」の世界。そしてペットの可愛さ。

とうとう私まで仕事の休みには実家にわんちゃん見たさに帰ることになってしまいました。

他の犬用品の口コミはこちら

ペットウェアはサイズ第一で選ぶ

ペットウェアで一番最初に購入したものは、犬用のレインコートだったと思います。

犬は雨の日でも散歩を休ませてくれないので、 最近ではこれは飼い主さんの必須アイテムになっていますね。

通常のペットウェアは「何号サイズ」という風に、 ペットの体の大きさに合わせて細かく選ぶことができます。

大抵は事前にペットの体長・体高・首周りを測っておけば安心ですが、 実際には着用してみないとフィット感がわからないことも多いのが少々困りどころですね。

さらにレインコートの場合には、散歩中の水撥ねに対応させた、 四つの脚を入れるタイプの形の物もあり、 これはサイズを間違えて買ってしまうと後悔することになります。

できれば、ペット入店可のお店に行って見本品を試着させてみるか、 ワンサイズ大きい物を購入するのが無難でしょう。

レインコートについては「S・M・L」といった具合に、 ペットウェアの中でもサイズ感がざっくりしていることも多いです。

特に、ペットを包み込む感じでマジックテープで数か所を留めて着せるタイプの物は、 少々のサイズアウトも許容できるのでおすすめです。

着脱が簡単なのも、飼い主さんにとっては嬉しいですね。

ペットウェアには、ダックスやコーギーのような胴長短足の犬種用の物もあります。

これらの犬種はジャストフィットしていないとすぐに着衣がずれていくため、 レインコートも然りですが、購入の際にはよく吟味したほうがいいと思います。

幸い、わが家のコーギーにはちょうどいいレインコートが見つかったので重宝しています。

ペットウェアは、ついデザインで選びたくなってしまうほど可愛い物がたくさん売られていますが、 やはり基本はサイズだと実感しているところです。

他の犬用品の口コミはこちら

ペットウェアは必要なものだと思うようになりました

現在二匹のトイプードル(メス)を飼っています。多頭飼いの楽しみは、なんといっても愛犬にお揃いの洋服を着せてあげることです。

同じデザインの色違いで揃えますが、やはりコストは倍かかります。

それでもやはりお揃いというのはかわいいので、セール時期を利用して安くてかわいい物を探します。

最近はネットで探すと手作りの物がたくさんあって、デザインも優れたものが多いので助かります。

ネットでのネックは試着できないということです。

それで何度か失敗をしたことがあります。

でも採寸のしかたのコツがわかればそれもクリアします。

手持ちの洋服のサイズを計ってオーダーすればほぼ間違いがなくなりました。

ヌードサイズに加えて「手持ちの服のサイズはこれくらいです」 という具合に数字を書き込んでおけばぴったりの物が出来上がってきます。

そのため、ずいぶんたくさんの洋服を買いました。

最初は自分の楽しみで買っていたのですが、 機能的な面でもペットウェアは必要なものだと思うようになりました。

まず冬場の防寒対策は当たり前ですが、夏は夏で虫除けにもなります。

それにカフェなどでも服を着せておくのがマナーの一つです。

今はまだ若いから心配はありませんが、やがて年老いてくれば体温調節もできなくなります。

色々な意味でペットにはペットウェアは必需品です。

そのため、仔犬の頃から馴致してきました。

大人になってからいきなり着せると嫌がる犬は多いと聞きます。

おやつを用意しながらおとなしく着られる練習を続けました。

洋服を着たらお出かけができると学習すると、私が洋服を手にするだけで尻尾を振って嬉しそうな顔をします。

リードを持つとお散歩と思う犬が多いと聞きますが、それと同じです。

最近は数も揃ってきたので、本当に気に入ったものしか買わなくなりましたが、 やはり買い物に出たときはペットウェアを必ずチェックします。

やはり愛する犬たちを、少しでも可愛くしたいですからね。

他の犬用品の口コミはこちら