良いドッグフードの基準

数年前にアメリカで起こったドッグフードの事件をご存知ですか。

製造過程において、メラニンという有害物質が入り込んでしまったために、 犬の健康被害が多く報告されたんです。

その事件をきっかけに、ドッグフードをはじめとする良いペットフードの安全基準を定めた、 公式な法律や条例がないということが問題になったんです。

大切な愛犬が口にするものですから、良いドッグフードを与えてあげたいですよね。

近年のペットブームでは犬を可愛らしく散髪したりパーマをかけてみたり、 かわいい洋服を着せてみたりと楽しむ飼い主もいるのですが、 本当に大切なことは何でしょうか。

それは、愛犬の身体を気遣って健康的に過ごさせてあげることですよね。

そのためにも食事には気を遣わなければいけないのです。

そこで、環境省と農林水産省のもとでペットフードの安全性明確に定めた 「ペットフード安全法」という法律が施行されました。

良いドッグフードとはどういうものか、その法律の中身を見ながら考えてみたいと思います。

まず、原材料を記さなければいけません。

添加物も含めてすべてのものを表示する必要があります。

また、加工を完了した国はどこかという原産国名を気合いする必要もあります。

成分規格としては添加物や農薬、汚染物質等の含まれる量を制限しています。

さらに良いドッグフードとして、海外では栄養素の基準があります。

人間と同じように、子どもの犬と大人の犬、妊娠や出産、 さらには授乳中の雌犬には、特別に配慮された良いドッグフードを与えるべきである、 という考え方が根付いているのですね。