尿路結石を機にヒルズのドックフードにしました

我が家には6歳オスのシュナウザーがいます。

去年、尿路結石になり、おしっこで石を流し出す事も出来ずに、結局手術になりました。

獣医さんの話によると、シュナウザーは尿路結石になりやすい犬種だそうで、 今後も結石ができる可能性も大いにあるらしいです。

元々、野良犬で、拾った時に下半身に大怪我をしていて手術、 そして散歩中に大型犬に噛みつかれ、皮膚が裂けてまた手術。

3度目の結石手術で、下半身の癒着がひどく、結石になったら再度手術は難しいらしく、 ドックフードには気をつけるように指導されました。

それから尿路結石の犬専用ドックフードがあると聞き、ネットで色々調べ、 ヒルズのプリスクリプション・ダイエットにたどり着きました。

ヒルズには一般によく知られている“サイエンス・ダイエット”、 更にペットのスペシャリストによって開発された“サイエンス・ダイエットプロ”、 病気の犬専用の“プリスクリプション・ダイエット”があります。

ストルバイト尿石症の犬、つまり尿路結石が出来てしまった犬には、 ヒルズのプリスクリプション・ダイエットc/dのドックフードで尿路結石の予防ができます。

c/dはストルバイト尿石症の原因であるマグネシウムとリンが制限されていて、 尿結石になりにくい尿にしてくれます。

このドックフードを食べれば絶対に結石ができないという訳ではないですが、 安いドックフードは与えられないと思い、手術後しばらくはヒルズのc/dを与えていました。

しかし、特別な配合のドックフードなので、値段が高いのが悩む所。

長期的に与える事は難しいと判断し、同じヒルズのサイエンス・ダイエットに変更しました。

ヒルズのドックフードは高品質で栄養バランスが整っているので、 安心して愛犬に与えられる事ができます。

今はヒルズのサイエンス・ダイエットを与え、マメに水分補給をさせ、 尿意を我慢させないようにして、結石予防をしている毎日です。

先日、獣医さんでヒルズのプリスクリプション・ダイエットc/dを購入するよりも、 ネットのショッピングサイトで購入した方が結構安くを購入出来る事に気がついたので、 近いうちにまたc/dに切り替えてみようかなと考え中です。