食事にはうるさい我が家の猫

我が家の1歳半の雌猫は、とても食事の好き嫌いの多い子です。

とくにドライフードに対しては非常に好みがはっきりしているようで、 新しく買ってきたドライフードもフンフンと匂いを嗅いでみて、 「こんなの嫌い!」となると絶対に食べてくれません。

また、嫌いなフードと好きなフードをミックスするという飼い主の悪知恵は通用しませんし、 苦手なドライフードの上に比較的好物のウェットフードをトッピングして食事時に差し出したしたりすると、 お皿の前でお座りをしてハンスト作戦に出ます。

それだけではなく、なんと器用に手で掬い出すかのように、 お皿の外へ嫌いなものを放り出してしまうのです。

従って、猫の食事の要ともいえるドライフード選びは、悪戦苦闘の連続でした。

最初のうちは気に入って食べていたフードに食べ飽きてしまったり、 体質に合わないのか吐いてしまったり、ということもありました。

そこで、ネットの口コミでお勧めお勧めされていた日清ペットフードの 「キャラット・5つの味」を購入し、 与えてみたところ、とても気に入った様子で毎日飽きずに食べてくれるようになりました。

食事内容にとてもうるさい我が家の猫にとっては、何種類もの味がミックスされているドライフードよりも、 5種類なら5種類、分かれているほうがいいようで、食事ごとに違う味のフードを楽しめるので、 飽きないみたいなのです。

またいくら猫の舌に合うものでも、 食事として安全性や栄養的な問題がクリアされていないと飼い主としては不安になりますが、 この「キャラット・5つの味」は添加物控えめの総合栄養食なので、安心して与えています。

美味しい食事に満足するとそれ以外におやつを欲しがったりもしませんし、 人間の食べ物に興味を示して横取りしてくる猫ではないので、 この「キャラット・5つの味」には随分助かっています。

他のキャットフードの口コミはこちら

悩みに悩んだ猫の食事「プレミアムフード」

我が家には2匹の猫がいます。

猫にとって一番大切なのは食事ですよね。

初めて猫を貰って来た時に、猫を譲ってくれた人がくれたのはフリスキーでした。

高いキャットフードじゃなくていいから、家計に響いたら大変だからねって言われたんです。

総合栄養食と書いてあればいいとアドバイスを貰いました。

フリスキーはそんなに値段の高いキャットフードではなかったので安心していました。

1匹の猫はフリスキーを食べても何ともなくすくすくと育っていきました。

でももう1匹の猫は常に下痢便をしていました。

動物病院に連れて行くと、腸が弱い猫だから今与えている食事を替えるように言われました。

当時は知らなかったんですが、プレミアムキャットフードというものがあったんですね。

だから急いでプレミアムフードを購入して、猫の食事を徐々に切り替えていきました。

すると下痢便だったものが、段々通常の便になって行き健康な状態になりました。

でもプレミアムフードを食事として与えているうちに、同じ食事に飽きてしまうのか食べなくなってしまったんです。

食べなくなるとまた別の種類のプレミアムフードを与えていました。

こんなことの繰り返しだったのですが、 最終的には近所で買うことのできるプレミアムフードが無くなってしまい、 猫の食事をこれからどうしようかと悩んでいました。

そんな時に知り合いのお年寄りから、 「家の猫はミオよ、安いし病気にもならないよ」って言われたんです。

試しに我が家の猫にも与えてみました。

するとその日の食事はきれいさっぱり食べつくしたんです。

お腹も壊れることなく今でも元気に食べています。

猫のとって何が良くて何が悪いかなんて分かりませんが、 ひとつ言えることは猫にとってその食事がきちんと食べられる事、これこそが重要なことだと思いました。

キャットフード売れ筋ランキングはこちら - 楽天

他のキャットフードの口コミはこちら